もちログ

フリーランスでデザインの仕事をしています。7才差の姉弟子育て中。読者登録お気軽にどうぞ♡

もちブログ

ぴよちゃん妊婦ブログ~誘発分娩から帝王切開~



にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月~19年3月生まれの子へ


f:id:mochi-log:20180625101443p:plain

※2011年当時のブログ記事です。

 

4/12

総回診後、シャワー。買い物タイムの後にNST。

総回診って、ドクターが10人くらいごっそり来るから、

びびっちゃって何もしゃべれないっていう標準のヵォ(?

 

午後の診察で、ダイラパン、プロスタグランジン(うろ覚えなので名前違うかも)による

誘発分娩に決定。

今夜処置をして、明朝陣痛促進剤で分娩予定。

 

この時は、明日生まれるんだなーーとしか思わず、

まさか何日もかかるとは思ってなかったです( ;∀;)

 

夜、子宮口にダイラパン挿入。あまりの激痛に号泣うわぁ~ん

今までの人生で一番痛かったです。うめき声でるくらいの。

それを何本も入れるんで、その度に激痛。

後から考えても、これが一番痛かった。もう二度とやりたくない・・です。

 

4/13

処置後ずっと出血と痛み、異物感と戦ってたので、あまり眠れず。

朝8時、陣痛室すっとばしていきなり分娩室に直行。

廊下の流しにどなたかの「胎盤」がででーんと置いてあり

貧血気味に(笑)あれは、衝撃的だった・・内臓かとおもった!

 

そこで、ダイラパン抜きました。これまた激痛。

よくドラマとかにある赤ちゃん生まれる時の「あああああ!!」ってやつみたいに

なってしまった…めそめそ

 

子宮口3cm、全開は10cmらしいのでまだまだ。

陣痛促進剤を1時間250ml点滴。水分はとってないけど、点滴で水分入ってくるから

かなりトイレに行きたくなる。けど

お腹にはNSTついてるし、点滴ついてるしで移動しずらい状態。

おまけに出血も多量なので、今すぐ色々投げ出したい気持ちに!

 

お昼ごはんは何故かやたら豪華だったんだけど、先生が見ててくれたので

あまり食べれず(笑)

 

その後も、規則的な収縮はあるものの(2分間隔くらい)子宮口が開かず。

18時になっても開かなかったので、本日は終了。

内診も激痛で涙が出る( ;∀;)

 

痛みに弱いので、なんかもう・・いっそのこと帝王切開してくださいと

思ってました。

 

4/14

とにかく子宮口を開こうと無駄に階段あがったり、体操したりするも

まだ4cm。

別の促進剤を入れる。

規則的な収縮がくるも子宮口開かず。

この頃から痛みに鈍感になってきて、子宮口調べる時の激痛も耐えられるように。

収縮時の陣痛も、生理痛二日目よりちょい重いくらいかな?と。

 

ただ、精神的に辛かったのと、つむちゃんがまだ生まれる準備できてないのに

むりやり薬で追い出そうとしてる事に罪悪感を感じてしまって。。

 

午後、内診で赤ちゃんの頭がまだ横になってて、生まれる気配が無いとの

診察結果が出す

今日ダメだったら明日も同じ事をすると言ってたので、

帝王切開をお願いしました。

 

お医者さんは、極力切開は避けたい(今後も帝王切開となる、術後のリスクが高いなど)と

何回も説明してくださったのですが、どうしても辛かったのと、血圧高くて自分の体じゃないみたいに

コントロールがきかなかったので。