もちログ

フリーランスでデザインの仕事をしています。7才差の姉弟子育て中。読者登録お気軽にどうぞ♡

もちブログ

【妊娠初期】流産宣告からべビーが復活した話



にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月~19年3月生まれの子へ


こんにちわ。おもちです!

訪問ありがとうございます💖

 

今日からちょこっとずつベビーが誕生するまでの話を書かせていただこうかなーと思っています☺

お付き合いいただけたら嬉しいです。

 

妊娠発覚

 

今回ベビちゃんがおなかにいることが分かったのは、普段おきない「頭痛」があったためでした。

PMSぎみで、腹痛、吐き気、倦怠感などは毎月のようにあったのですが、頭痛は人生で2~3回しか味わったことがなく…!

やまない頭痛に違和感を感じ、大昔に買ってあった検査薬を試してみた所反応がありました。

 

その時、まだ生理予定日ごろだったため、1週間後に病院へ。

 

f:id:mochi-log:20180903121355j:plain

 

子宮内に胎嚢を確認!

実に7年ぶりの妊娠でした☺

経験上、心拍が確認できるまでは安心できないので、普段通りに生活。

2週間後の健診をそわそわしながら待っていました。

 

 

7w心拍確認できず

 

f:id:mochi-log:20180903123139j:plain

↑エコーのイメージ

 

初診から2週間経過し、すっかり心拍確認できるものと思って健診に行ったのですが、エコーで確認できたのは三日月のように曲がった

崩れた胎嚢」のみ。

 

先生いわく、

 

この時期に胎嚢しか確認できない。

しかも形が崩れているので今回はおそらく残念な結果だと思います。

早めに手術の予約をしましょう。と…(泣

 

ちょうど年末だったので、手術や経過観察を含めると、早めに処置しないといけなかったのかもしれません。

 

念のため数日待って病院に行く予定だったところ、娘ちゃんの喘息発症(泣

大きな病院に入院となりました。

私も付き添いしないといけなかった為、産婦人科はキャンセル。

翌日に娘ちゃんが通う総合病院の産婦人科に飛び入りで入れてもらいました。

小児病棟からの通院!

 

 

まさかの心拍確認!

 

私の中では、もう手術する気持ちでいたので(とっても悲しい思い出でした;;)先生と、娘の入院、通院と手術日のスケジュールをすり合わせ。

最後に一応エコーで状態を確認しました。

 

そしたら、画面上に点滅する白いものが…!

 

先生「あれ?赤ちゃんいますよ!!心拍もあります!」

私「…!??」

 

 

というわけで、ベビーちゃん実は生きていました!!

というお話でした。

 

いやー…、こういう事ってあるんだなぁ…怖いなぁ…としみじみ思いました。

 

娘ちゃんが入院しなかったら予定通りに病院に行って、早くに手術してしまっていたかもしれない。

 

確率的には最初の診断は誤診という事ではないんだろうけど、

運命的なものを感じました。

 

妊娠経過は順調!ではなかったのですが、これはまた次の記事に書かせていただきますね♡

お読みくださりありがとうございました!